札幌、帯広でトラウマ、PTSD治療・HSP・カウンセリングなら
ST.トータルセッション

札幌サロン 札幌市北区北7条西5丁目6−1 ストークマンション札幌
札幌駅北口から徒歩3分
帯広サロン 帯広駅から徒歩15分。十勝むつみのクリニック2階

営業時間
月~金:20時~(要予約)
土日:9時~22時
スカイプ、ZOOM、LINE電話チャットメールでの
セッション
も可能です
 定休日  
不定休

お気軽にお問合せください  

090-8429-9937

ブログ

こちらでは、ST.トータルセッション代表佐々木智城が日頃感じたことを綴ります。ゆるりと更新、不定期配信のブログです。どうぞおつきあいください。

2020年10月11日 帯広にて

今月もクリニックでのセッションの後は長沼先生と焼き肉店へ。

HSPやトラウマ、炎症の話をしながら焼き肉です。

2020年10月22日 つぶやき
トラウマ体験が重なって生活を維持する(買い物、通院など)ことが難しいときは生活支援を受けることが必要です。トラウマ記憶だけではなく生活者としての視点をもった支援ができなければトラウマの改善が遅れます。


2020年10月2日 つぶやき
現状維持は長引くと停滞に繋がるので変化が必要です。しかし、変化はストレスなので変化が大きく、長く続くと不安になったり消耗します。
そのため、「これでよいのだ」と現状を肯定する意識も大切です。

2020年9月19日 マイベストプロJIJICO取材記事

「繊細で敏感な人」として、注目されている「HSP」とよばれる人々。近年、芸能人の告白などをきっかけに、その存在が広く知られることになりました。「相手の立場や顔色を気にしすぎて気疲れする」「人混みにいるとぐったりと疲れてしまう」という人は、もしかしたらHSPかもしれません。変化し続ける現代社会で、生きづらさを感じることもあるというHSPの人たち。HSPの特性と向き合い、その魅力をいかして生きる方法とは。臨床心理士の佐々木智城さんに聞きました。

十勝むつみのクリニック・セッションルーム

2020年9月26日 帯広にて

今日もセッション終わってから長沼先生と食事に。
HSP、トラウマを抱えた人がたくさんいますね。超自然的なことへの理解も必須ですね。明日も頑張ろう!(^^)!
 

2020年9月28日 つぶやき
文章の長い人は不安が高い人です。言い残しが無いように、自分の思いがきちんと伝わるようにと考えると長くなります。
読み手にとっては短いほうがハードルが下がります。

2020年9月22日 つぶやき
人の役に立ちたいと思うときは自分の思いを優先しがちです。そのときは人の気持ちよりも自分の気持ちが先にあるのでそのままだと上手くいきません。軸をシフトさせることが必要です。

2020年9月21日 つぶやき
人は複数の自分が常に共存しています。葛藤しているときは二人の自分がせめぎあっています。その時々で出てくる自分が違いますが全体としてまとまっていれば大丈夫です。

2020年9月18日 つぶやき
​心の中にモヤっとした感じや引っかかる感じがあるときはそれを分析すると明確になります。感じたことを書き出してみると気づきが得られます。


2020年9月9日 つぶやき
叩かれていたいのと傷つくことを言われて心が痛いのは同じ脳領域が反応します。
傷つくと脳も痛いのです。そして思い出しても痛いのです。


2020年9月8日 つぶやき
冷静な時には考えて行動できても余裕がなくなると頭がフリーズして身体の動きに委ねられます。
動きが直線的になり物にぶつかったりします。情報や物は目につく所に、触ってすぐに取り出せるところに置くと良いです。


2020年9月3日
不安とは何か。十勝むつみのクリニック長沼睦雄先生と「不安」についてYoutubeでお話ししましたのでぜひご覧ください。

2020年9月12日帯広にて

今日は十勝むつみのクリニックでセッションです。
「心理室」が「HSP/HSC研究所」になっています。今後の展開が楽しみです。

2020年9月5日

今日は大学で精神保健の授業をしました。
一冊まるまるは一日では難しいなぁ。

テキストの他にひきこもりと浦河べてるのDVDを流したり、性別違和やDVの解説したり、やはり一日では難しいなぁ>.<

2020年8月29日 つぶやき
人に親切にしてもらった時にお返しをしなければ、と思って負担を感じる人がいます。
そうしないと良くないことが起こりそうな感じがする。
これは、幼児期の体験によって人との繋がりに安心が欠けていたのです。
しかし、これも癒されていきます。


2020年8月26日 つぶやき
状況が変わって自分がしていることを変えざるを得なくなった時、
否定されたと感じる時は傷がうずいています。
状況が変わっただけなので柔軟性が問われているだけです。
この課題はすべての人に突然降りかかってきます。


2020年8月24日 つぶやき
不透明な状況では誰も正解をもっていないので自分で見つける必要があります。
調べて見つけるよりも誰かの何気ない一言やメディアの言葉など自分の心に響くものを捉えたほうが正解を見つけやすいです。
自分のコアで捉えるのです。

 

2020年8月20日 つぶやき
今の日常を変えるキッカケは生活の中で時々現れます。違う考えの人に出会ったり、SNSで目にする文章かもしれません。それを掴めば世界が広がるかもしれない。掴んで間違ってたら手放せばいいのです。セッションでは今後の生き方についてのお話しもします。


2020年8月18日 つぶやき
何でも自分でやることは自立とは言いません。その背景には人への不信があります。人に頼んでやってもらうことも自立に含まれます。


2020年8月17日 つぶやき
人の判断基準は自分を中心に作られているので他の人の基準は違います。しかし、多くの基準を合わせると平均が現れます。それが多数派の普通という基準です。変化の時には普通基準では対処できません。少数派の尖った判断基準が必要です。


2020年8月17日 つぶやき
自由な行動を繰り返すと似た行動に集約されてパターン化していきます。人の行動は効率化していくためです。
しかし、状況に合わない行動を繰り返して苦しんでいる人もいます。それに気付かない。
馴染んだ行動は無駄が多くても負担が少なく感じるし、他の効率的な行動を身につけるのは負担だし、身につけるまでは非効率に感じます。
日頃の行動や作業の一つを省略してみると「楽」を感じて変化しやすくなります。楽はエネルギーの節約です。節約したエネルギーを次の自由に使いましょう。エネルギーは出すと入ってきます。苦しい時は楽な方向に出すことです。


2020年8月17日 つぶやき
動画が普通になり読書が減っています。
スマホのニュースは短文なので読解力は必要がない。本は読解力が必要になる。過半数を超えるとそれが「普通」とされるのでそれに合わせた対応が必要になっていきます。過去の普通もそうだったので。


2020年8月12日 つぶやき
一般的に、考えることは感じることより知的なことと思われています。
しかし、感じることが基本です。身体を感じることができないと思考のバランスも崩れます。


2020年8月8日 つぶやき
人は新しい行動を起こすときに明確な情報が多いほど行動を起こしやすくなります。
不安が高い人には丁寧にわかりやすい言葉で情報を伝えると見通しが持てて行動してくれるようになります。


2020年8月6日 つぶやき
正論は相手の意欲を削ぎます。エネルギーが低下している人はなおさらです。人は正論では動かないのでまずは受け入れと話し合いです。

2020年8月4日 つぶやき
批判は批判した人がリスクを伴います。
正当な理由を装い相手を批判する行為は周囲に嫌な感じを与えます。それは人の意図を汲み取るからです。言葉の奥にある意図がその人の行動を起こしていることを知っているからです。意図は隠しても伝わります。


2020年8月4日 
十勝むつみのクリニック長沼睦雄先生と対談「見えない障害について」Youtube動画配信しました。

「美的」2020年9月号

女性誌「美的」でHSPについての取材を受けました。日頃、HSP、HSCで悩んでいる多くの方のセッションをしています。こちらの女性誌を手にして「HSP、HSC」がもっと多くの方に知られるといいなあと思います。HSP、HSCは「トラウマ体験」もしやすいので、トラウマ体験の対策も必要になります。ですから、早い段階でHSP、HSCを理解すると生きやすくなります。

 

2020年7月26日 帯広にて

連休は帯広十勝むつみのクリニックでセッション。
夜は長沼先生と食事に行きました。焼き肉店が潰れたので他の店を探そうにもやってない店が結構ある。
開いているラーメン店へ。長沼先生と新たな方向へのお話もしながら。

2020年7月18日 

今日は大学のオープンキャンパス。模擬授業で原始反射を紹介しました。参加した生徒の中にスクールカウンセラーで接していた当時小学生が大きくなって受けに来てくれました。声をかけてくれて嬉しかったです。つながりの種をまいているなあと感じました。

2020年7月28日 つぶやき
脳は情報を加工して認識します。加工の仕方はその時の身体感覚、感情によります。不安が強いと見えるものは色褪せて人の仕草や声、表情が危険に感じます。
事実は一つですが認識の仕方は無数です。
身体感覚や感情に応えてあげると見え方感じ方が変わります。


2020年7月26日 つぶやき
​集中できない状態は、しなければならないこと以外のことに注意が向く状態です。本当はしたくないか、他に気がかりなことがある、そして今やるほどの価値がないのです。そういうものは後回しでよいです。したいことをしたほうが効率的です。



2020年7月16日 つぶやき
人間関係に気を遣いすぎる人は人への警戒心が背景にあります。何かトラブルにならないようにと「~しないように」気を遣います。警戒心が無い人は「~するように」気を遣います。意識の持ち方が違います。


2020年7月15日 つぶやき
気持ちがすり減っていくのは自分よりも相手を優先しているからです。自分を大切にしていくとすり減りはなくなります。少しずつ、自分の気持ちに従ってみましょう。


2020年7月10日 つぶやき
​人は自分自身にルール(信念)を課しています。{~でなければならない」、「~してはならない」等。ルールに絶対はなく、場合によってそれが良いとか悪いとかにすぎません。それでも大切なルールは自分を大切にすることです。自分の心を抑えると自分がわからなくなります。


2020年7月4日 つぶやき
人との信頼関係は困ったときに助けてくれたり、不足してるものをくれたりと、いざというときに力を発揮します。日頃はこの力を感じにくくても非常時に強く感じるものです。
目先にとらわれず見えない付加価値を貯金することが大切です。

2020年6月28日 帯広にて

今日も長沼先生と焼き肉。帯広に行くとセッションの後は焼き肉が続いています。今後のお話しなどをしながら焼き肉食べています。でもこのお店も明日で閉店とのこと。コロナの影響だそうです。コロナによる失業者の増加はこれからかもと考えさせられました。

2020年6月24日 つぶやき
人が信用されるかどうかは態度や発言に一貫性があるかどうかです。感情や気分、相手によって態度が変わるのは信用されません。一貫性は相手の予測可能性(ころころ変わると振り回される)に関わるので自分の軸を作ることが大切です。

2020年6月23日 つぶやき
毎日同じことを同じようにしているつもりでもうまく行ったり行かなかったりすることがあります。それはバイオリズムの変化だったり、行動を起こすタイミングだったりします。
うまく行かないときには一呼吸おいてタイミングをずらすと歯車が噛み合うかもしれません。


2020年6月19日 つぶやき
「何もかも元のままにしておきながら、何かが変わることを期待することほど愚かなことはない」(アインシュタインの言葉)。
変わるにはきっかけになる何かがなければ変わらないということです。まずは昨日までしていなかったことを今日してみる。


2020年6月16日
「HSSの特徴と生活上の対処」Youtubeチャンネルにアップしました!十勝むつみのクリニック長沼睦雄医師とのコラボ第三弾です。

2020年6月11日 
「HSPの生きづらさ②」Youtubeチャンネル アップしました!月に2回、帯広十勝むつみのクリニックにてトラウマやHSPセッションを実施しています。この動画は十勝むつみのクリニック長沼睦雄医師とのコラボ第2弾です。
ぜひ、ご覧くださいね!


2020年6月10日 つぶやき
現状を脱却しようとする時は今の人間関係の繋がりを越えたところに繋がる必要があります。脱却するには今までの繋がりの人では解決策は持っていないのです。
今までの人とは違う考えの人との出会いは脱却する糸口になるでしょう。

2020年6月9日 つぶやき
「何をしたら良いのかわからない」と言っている人が多くの時間を割いている行動はその人にとってバランスが取れる行動です。
「なぜそれに時間を費やしているのか、なぜそれをしているのか」これが何をしたら良いのかのヒントになります。


2020年6月6日 つぶやき
人との関係で悩むと、言葉のニュアンスや仕草など曖昧度の高い情報を自分に否定的に受け止めるようになります。気持ちが切り替わらず過去の出来事も苦痛を伴って想起します。まずは別の事に注意を向ける必要があります。想像は無限に膨らむからです。
不安の元に取り組むときには直面することになります。

2020年6月3日 つぶやき
人を褒める人とダメ出しをする人がいます。何を目的とするかでよりよい行動が何かがわかります。
褒められるとうれしい気持ちになります。ダメ出しは嫌な気持ちになります。この段階で安心感か危険感かに分かれています。
人を成長させる目的なら安心感が必須です。

医療関係者限定で開催。先が見えないストレスにさらされると神経系がどうなるかというお話。やはり交感神経系からの背側迷走神経系の凍りつきに繋がりますね。コロナの不安で吐く人までいるとのことからも。

2020年5月31日 つぶやき
人がどう思うとか失敗したと感じた体験が頭から離れないのはそれを無視したら良くないことが起こりそうで危険と感じているからです。良くないことに対処できないかもしれないという不安は自分を信じられていない。準備をしたら無の心境で進みましょう。

2020年5月30日 つぶやき
心も身体も傷は早めの対処が必要です。
耐えている間に次のショック体験が来るかもしれません。
「耐えているとき」は無防備なのです。

2020年5月14日 つぶやき
無意識のうちに相手に期待している反応と違っていると相手に失望したり、裏切られた感じや怒りが出たりします。相手はそんな意図はなくてもです。
傷ついて大変な時は、相手に何を期待しているかを見つめてみると良いかもしれません。

2020年5月13日 つぶやき
人は思い込みが強いものです。
相手のことを分かったつもりで推測して正しいと思い込みます。
しかし実際の相手は全く違う思いを持っていたりします。確認してみればすれ違いや衝突がなかったはず。繰り返されている時は思い込みを念頭に確認してみるとループから抜けます。

2020年5月12日 つぶやき
人は自分自身について右肩上がりで進むことを期待しています。
日常で何も進んでいないと感じているときは身体を鍛えるとか、新しいことを覚えるとか、昨日よりも何かが発展することを意図的にしてみると「何もなかった」と感じる気持ちが減ります。


2020年5月5日 つぶやき
人が最も不安に感じるのはコントロールできない、予測できないと感じる状況です。
これが続くと無力感が高まり自分で考えて行動する意欲が失われます。
それを避けるためにルーチンワークが大切です。
日々の生活はコントロール感を取り戻すのに役立ちます。

2020年5月4日
「HSPの生きづらさ①」Youtubeチャンネル アップしました。月に2回、帯広十勝むつみのクリニックにてトラウマやHSPセッションを実施しています。この動画は、十勝むつみのクリニック長沼睦雄医師とのコラボ第一弾です。ぜひご覧くださいね!


2020年4月30日 つぶやき
コロナの影響で家にいることが多くなり心身のリズムが崩れている人が増えています。不調になるとマイナスの情報に引き込まれやすくなり敏感になります。
情報を濾して真実を見つける力が低下します。感染予防とともにメンタルヘルス不調の予防も大切です。


2020年4月29日
「コロナ対策とメンタルヘルス」Youtubeチャンネル アップしました。ご覧ください!

2020年4月26日 つぶやき
人への警戒モードの時に危険のサインになるのは不快そうな表情や相手が離れていく動きなど。本来は別の理由で出てきた動きや表情に対しても危険と感じて不安が増したり固まったりします。
*警戒モードを知りたい方はこちらがお勧めです!
2020年1月神戸講演会動画&資料の販売受付中

2020年4月23日 つぶやき
フラッシュバックをして凍り付いてるときは、その人を傍から見ると怒って無視しているように見えることがあります。人との繋がりが遮断される神経系なのでそのように見えます。

2020年4月22日 つぶやき
コロナで自宅にいる人が増えていますが何週間にも亘ると抑うつになったり、外に出ることに不安を感じるようになります。必要な外出もできなくなります。
3密を避けて家に籠らず行動するのが適切だと思います。
長期化を念頭に人間らしい生活を過ごしましょう。

2020年4月21日 つぶやき
コロナが現れる前の世界に戻りたいですが、それはもう叶わないのだろうと思います。
世界が変わったので人も変わる必要があります。
しかし、人が生存のために獲得した行動は、原始時代でも現代でも変わらないです。
それは、互いにつながって助け合うことです。

2020年4月17日 つぶやき
不安が強いときは逃げることです。逃げることを良くないと思う人がいますがお腹が空いた時に食べ物を食べに移動するのと同じです。必要なところに移動するだけです。

北海道新聞に掲載されました!
令和2年4月17日朝刊

新型コロナウィルスの感染拡大により札幌と札幌近郊の小中高校が再休校となる一方で、道内の他の地域では学校が継続されている。クラス替えなどで環境が変わる新学期特有の緊張感に加え、今はマスク着用や給食時の会話制限など「コロナ対策」によるストレスもある。子どもの緊張を和らげるために、専門家は「親や先生は、子どもに安心感を与えてほしい」と話す。・・・
 

2020年4月10日 つぶやき
不安な情報は吸引力があるので引き寄せられますが、その分、時間と心の安定が失われます。不安な情報に触れてるときは心が麻痺してます。
心の平穏を取り戻すために情報と触れる時間を減らしましょう。

2020年4月9日 つぶやき
インパクトの大きな出来事は収束したあとにも波紋が広がります。その波紋が人の意識を変えて行動も変えます。
出来事は個人レベルと社会レベルがありますが、コロナは社会レベルなので社会構造を変えます。
個人レベルでは世界観や生活習慣、安心安全感への意識が変わります。

2020年4月8日 つぶやき
人に認めてもらいたいという気持ちが強い人は自分を認めていない気持ちの裏返しです。自信のなさを人に埋めてもらいたいのです。

2020年4月7日 つぶやき
HSPの人の中には、超自然的な能力を持った人がいます。五感の敏感さだけではない五感を超えた能力。この能力の使い方を探すことが生活の分岐点になります。

2020年4月3日 つぶやき
新年度に入り環境が変わった方もいると思います。新たな人との出会いはワクワクする人もいますが警戒する人もいます。交感神経系が高まって警戒モードになります。
お互いを知って相性が良いと感じれば解除されます。そうでない場合は別の戦略を考えなければなりません。

2020年4月3日 つぶやき
人の行動変容はすぐには起こりません。状況に合わなくても慣れた考えや行動を選択するためです。少しずつ変容していきます。急に変わったとしたら緊急事態が起こったのです。

2020年4月1日 つぶやき
コミュニケーションを取るときにダブルメッセージを送る人がいます。受け手は言葉を聞きますが釈然としない感じを抱きます。それは言葉はウソで本心は別にあることを察知するからです。人は言葉よりも意図を受け取ります。特に子供に対しては悪影響です。

2020年3月30日 つぶやき
人の健康度をはかる一つの目安に自己開示があります。
自分で気づいていて相手もわかっている内面がどれくらいあるか。そして、自分で気づいているけれど相手は気づいていない部分や、自分も相手も気づいていない未知の部分が多いと健康度は下がります。内面の開放は大切です。

2020年3月29日 つぶやき
繰り返し起こる出来事はその前に繰り返されている行動をやめると起こらなくなります。行動をやめるには覚悟がいりますが。

2020年3月28日 つぶやき
自分の周りは安全だけど外は危険と思いがちです。コロナも海外は危険で国内は安全と思っていて、次に自分のいる都道府県は安全だけど他は危険、そして自分の街は安全だけど他の街は危険。次第に安全圏が狭まってますけど。人は見えない範囲のことは想像で埋めるのでこうなります。

2020年3月28日 帯広にて

今日は、8名セッションが続き終わったのはこの時間となりました。十勝むつみのクリニックの長沼先生はいないので私一人です。

2020年3月26日 つぶやき
3月は社会の人たちに乗り遅れたと感じて落ち込む人がたくさんいます。
新たな生活に入る人は不安を感じ、新たな生活に入れなかった人は社会から疎外された感じがして心が塞ぎます。どちらにしても4月中に変化します。行動すると良い方向に変化することが多いです。


3月、4月は環境が大きく変化する時期です。変化はストレスなので身体は交感神経系を活性化させて対処します。その影響で敏感さが増し、イライラしたり、食欲がない、眠れなくなる人もいます。心身が新たな環境に適応するまで続くのでそれまでは新しいことを始めないことが大切です。


2020年3月25日 つぶやき
人の身体は常に循環しています。刺激の流れも同じく神経系を通って入力されて出力されます。その循環のどこかで滞るとその部分が鈍感になり、ほかの部分が敏感になります。HSP、HSCの敏感さは流れの滞りが関わっています。


 

元気を周りに与える人と元気を周りからもらう人がいます。状態によって与えたりもらったりしますが毎回元気がなくなる場合は吸い取られています。
メンテナンスと人との距離の再考が必要です。
繰り返し起こることには大きな意味があります。


2020年3月24日 つぶやき
対処できない状況が起こるのではと考えると人は不安になります。実際に対応能力として出来るとしても「自分はできない」と思うと思い込みの強さでできる能力が削がれます。そして不安がさらに高まります。これを超えるには不安を感じきることです。

2020年3月22日 つぶやき

HSCのお子さんは周囲の大人の期待を察知して期待に応える行動をします。それが繰り返されて自分が何をしたいのかがわからなくなっていきます。
その時は、再び身体と繋がるために感じることが必要です。

2020年3月19日 つぶやき
*被害を受けた人を批判する人は被害者に落ち度があったために被害を受けたと思うことで安心しようとしています。落ち度のない人が被害を受けたら自分も被害を受ける可能性があるのでコワイですから。冷静さと許容量の問題です。


*トラウマの肌で感じる危険感は実際の周りの危険ではなく身体の中にある記憶からくる危険感です。身体記憶なので肌で感じる危険感です。身体を動かしてください。

2020年3月18日 つぶやき
不安な感情は出どころがあります。不安を感じて心の中を辿っていくと方向や内容がイメージ、感覚として現れます。それを感じきると消えていきます。まずは身体を感じることです。


2020年3月17日 つぶやき
HSPの超自然的な力は通常のカウンセリングでは扱えませんが、STトータルセッションでは、普通のこととして扱います。

2020年3月17日 つぶやき
不安なときに一人で考えていると否定的な思考が増えていきます。そういう時は①誰かと話す、②行動を起こす、③心地よいものに触れる、が対処法として有効です。別のオプションとしては「不安を感じきる」です。

2020年3月15日 つぶやき
物事を学習するときに動機がなんであるかが学習後の行動に影響します。プラスの動機なら学習は生産的ですが不足感や不安感などマイナスの動機の場合は学習で埋まることはなく負の感覚は続きます。本当に必要なものでないからです。代替行為で埋めることはできません。

会場 旧永山武四郎邸

2020年3月14日
​今日はアバター体験会を開催しました。
リサーフェンシングという本を使って注意のストレッチを体験するワーク。
相手を慈しむワークなどをいくつかしました。
アバターのワークは注意や信念、感覚を扱うのにとても役立つので体験してもらえてよかったです。

コロナの影響で会場は貸し切り状態。静かにできて良かった(◍•ᴗ•◍) またやろう✧◝(⁰▿⁰)◜✧

2020年3月14日 つぶやき
川の流れが変わるときは緩やかなカーブを作って曲がります。
心も同じで急に方向が変わると負荷がかかって決壊します。
流れに沿いながらゆっくり曲がることが大切です。

2020年3月14日 つぶやき
精神症状を調べる心理検査がたくさんありますがカットオフ値(この数値を超えると症状があるとされる)以下でも本人の訴えや症状にまつわる苦痛のエピソードがあれば対応すべきです。検査の値以前に目の前のクライアントの訴えに耳を傾けなければ支援になりません。

2020年3月8日 つぶやき

内面と繋がりながら言葉にすることで気づきが生まれ、心に軸ができます。
心の探求の積み重ねです。

十勝むつみのクリニック

2020年3月8日 帯広にて

今日はセッション早めに終わって長沼先生とスープカレー店へ。
ゆったりと過ごし中(*^_^*)

 

長沼睦夫先生

帯広白樺通りスープカレー本舗

2010年3月6日 
札幌から帯広に向かう途中です。

JR、地下鉄に乗る人がかなり少ないです。金曜の夜なのに。JRは一つの車両に一人が乗っている状態です(確認しました)。
新型コロナウィルス感染症で世界が危険な感じになっていますね。
これは警戒モードですね。
「見えない」のが不安を煽るのかな。

2020年3月6日 つぶやき
人の集団心理は良くない方向に進む傾向があります。不安や自己抑制の心理によって動く傾向があるからです。情報を集めて自分で考えることが大切です。感情に飲み込まれると感じたら空や太陽など自分の目線よりも上にあるものを見ると良いですよ。

2020年3月5日 つぶやき
不安をかき立てる情報が氾濫すると世界を見る目にフィルターがかかります。世界が危険に見えて防衛反応が出てきます。安心感が失われ、危険に対するセンサーがフル稼働し始めます。
鎮めるために動物に接したり、自然の多い場所に行きましょう。
 

2020年3月4日つぶやき
朝起きれない、慢性的な頭痛がある、検査で異常がないのに歩くのも困難、やる気か起きない、眠れない等は自律神経系のバランスが崩れているためです。
症状が現れる前に何かショックなことがあったり、慢性的なストレス環境にあったはずです。
神経系と環境の調整が必要です。

 

2020年2月28日つぶやき
トラウマ体験によって自律神経系のバランスが崩れて原因不明の体調不良(頭痛、腹痛、内臓が抉れる感じ、だるさ、朝起きれない、眠れない、感覚が感じにくいなど)が起こります。
身体に異常がないのに症状がある場合は、トラウマの影響を考えると道が拓けるかもしれません

 

2020年3月2日つぶやき
新型コロナウィルス感染症についての情報が氾濫しています。この情報は震災の情報と同じで吸引力があり、心を強く揺さぶります。過去のトラウマ記憶が刺激されて苦しくなることもあります。
新型コロナウィルス情報に吸い寄せられそうな人は、情報を遮断して、川や自然などに接してリセットしてください。


2020年2月28日つぶやき
​今回の新型コロナウィルス感染症で不安が高まっている人は、元々の不安から注意をそらす心の防衛が働いています。そのためコロナウィルスの件が落ち着いたら元々の不安がぶり返してきます。
 

2020年2月23日神戸にて
今日は個人セッションのあとに観光に行ってきました。
神戸は何度も来てますが観光はしたことがなかったです。
なので気になる建物に入りました。
新型コロナウィルス感染症の影響かひじょうに人が少なかったです。

リン・カイロプラクティック林先生

2020年2月21日 神戸にて

今日は神戸でリン・カイロプラクティックの林先生と飲みに。起立性調節障害、トラウマなどのいろいろなお話を聞かせていただきました。これからの展開が楽しみです(^-^)

明日からはセッションが続きます。

2020年2月18日
やっと日本に帰ってきました。帰りはトータルで18時間くらい飛行機に乗っていました。
アメリカ合衆国オーランドにて9日間をかけてアバターマスターコースを修了。自分なりの理解をまとめておくと、アバターは行動を抑える信念を取り去って目標に向かって行動しやすくする方法です。

人間関係などのトラブルをなぜか繰り返すなど、トラブル続きの人はその火種を気づかないうちにバラ撒いています。それは後で芽が出て目に見えるトラブルとなっています。その火種をバラ撒く行動は自分で気づいていない信念に基づく行動です。
一言多い言動、ギリギリで行動する、などは周囲の人とのトラブルの火種になります。

自分の行動に必要以上のハードルを課す、特定の人や言葉に強く揺さぶられる、とても疲労する、不安が強いなどは人を回避したり行動を抑制する信念が背景にあります。
そういう信念を取り去れば行動しやすくなります。しかし通常は簡単には取りされません。取ったと思ってもまた出てきます。それがなぜなのか、どうしたら良いのかの方法を体系的に学べます。

信念といっても認知行動療法とは扱い方が全く違うので関心のある方には僕がお伝えできればと思っています。まずは、体験会を開こうかな(^-^)

2020年2月18日 アメリカ合衆国オーランドより

これから日本に帰ります。まずはオーランドからシカゴへ。

色んな技法を学んだので臨床や日常で馴染ませていきます。
学び方にはテキストを読んだり、事前に内面を掘り下げるなど一定の段階を経ていく必要がありました。それも復習しながら(^-^)

2020年2月17日 アメリカ合衆国オーランドより

アバターのマスターコースが終わりました。9日間のトレーニングなので長かった。
自分の感情や信念によって人や物事の捉え方が歪むのでフラットに物事を捉える方法や、話し手が相手と一緒に居てもらえている感覚をもってもらう存在のあり方など対人支援に役立つものばかりでした。

トラウマという名前は出でこないけどトラウマにも今までと異なる対応の仕方が出ていたので、今後トラウマ治療に役立ちそうです。

トレーニングなので学びたい人には紹介していきたいです。あとは日々のトレーニングですね(^^)

写真の方は日本代表のゆうじさん。
お優しい方です(◍•ᴗ•◍)

 

アバターマスターコース受講中です

2020年2月10日 アメリカ合衆国オーランドより
​アバターマスターコース3日目。
頭の中を静かにさせる方法や自分が何に強く反応するか、そしてその反応を取り去る方法など目標に向かって自分を安定させる方法を学んでいます。
これはある程度の健康度の高さが必要だけれども多くの人に適用できる方法ですね。
これは新たな対象の人へのツールとして使えます(^^)

 

2020年2月8日 アメリカ合衆国オーランドにて
今日は受講前日なので​、移動の疲れを取りながらゆっくり散歩してました。
スーパーに入るときれいなお店でソーセージや肉などの陳列もキレイ(^-^)
スーパー行き返りの何気ない光景も目新しくて新鮮。信号機がぶら下がっているのも珍しくて驚き。新しいところに行くのは良いなぁと感じました(✯ᴗ✯)

2020年2月6日 羽田空港にて
これからフロリダ州オーランドへ向かいます。アバターという人の感情や感覚をもとにして固定した注意や信念を外す方法のアドバンスを学びに行きます。


2020年2月7日 アメリカ合衆国ヒューストン空港にて
ヒューストン空港に着いてオーランド空港に乗り継ぐ待ち時間。ヒューストン空港に来るのに10時間くらいかかってこれから3時間くらいかけてオーランドへ行きます。
ここまでくるとマスクしてる人はあまり見かけませんね。成田空港ではかなりいたけど。ヒューストン空港はキレイですね(^-^)


2020年2月7日 アメリカ合衆国オーランドにて
オーランドのウインダムホテルにつきました。ヒューストンからオーランドに行く飛行機はとても揺れて交感神経系と背側迷走神経系が活性化して生きた心地がしませんでした。
オーランドに降り立つと暑いです。半袖でも動くと汗をかく感じ。夏の北海道の気温に近いです。こちらは23時過ぎです。これから買い出しと散歩に行ってみようと思います。

2020年2月5日つぶやき
久しぶりに友人や以前の職場の同僚に会ったり、電話が来た時に相手の表情や声の成分が穏やかだとこちらも安心しますね。身体が安心・つながりモードになるので穏やかで楽しい感じになります。
人は瞬時に危険か安全かを身体レベルで判断してますね。

2020年2月1日 つぶやき
トラウマ記憶は時間だけでは解決しません。
「早く忘れなさい」
「誰にでもつらい体験はあるよ」
「気持ち切り替えて」
という言葉は傷を深めて孤立感が強まります。 言ってはならない言葉です。

そば居酒屋ごん

2020年2月1日 札幌にて

個人セッションの後は蕎麦屋へ。
自己調整のひとときです。

2020年1月31日 つぶやき
現代は何かをしなければという駆り立てられる欲求が刺激される情報が散乱していますが、それを受けすぎると自分を見失います。
立ち止まって一呼吸おいてみることが大切です。

2020年1月30日 つぶやき
不安や緊張、うつなどは身体レベルで伝わっていきいきます。肌で感じて伝染していきます。
人を助けるにはまずは自己調整が必要です。

2020年1月29日 つぶやき
わかっているけれどやめられないのは大脳辺縁系の報酬系の回路が出来上がっているからです。
そして、日常生活の虚しさを埋め合わせしようとしているのです。しかし、代替物では埋め合わせはできません。

2020年1月27日 つぶやき
朝起きて会社に行きたくないときは心を抑えていくか、会社を休むか。行動するにも不安が強いと動けませんから。何れにしても人とのつながりは大切です。
SNSで発信しても良いしね。誰かの目に留まるのだいじ。

2020年1月26日 つぶやき
行動を抑えるのは慎重さか不安からか。不安からならその不安を十分に感じることで解消していけます。
逃げると追いかけてきます。

2020年1月25日 帯広むつみのクリニックにて

帯広は寒いですね。でも人と繋がっていることを感じると心は温かくなります。つながりを感じられるとエネルギーが増えて、感じられないと消耗していきます。

今日のクリニックでのセッションは21時前に終了。こんな日はあまりないです。

多くの人にst.トータルセッションのトラウマセッション受けてほしいです。色んな療法を組み合わせてセッションするので必ず変化は出てきます。

 

2020年1月21日 旭川にて
今日は北海道農政事務所 旭川地域拠点でメンタルヘルスの講習会をしてきました。
メンタルヘルスの不調は顔色や挙動、応答性など身体、生理反応からわかるのでまずはその点に周囲の人が気づくことが大切です。そして声掛けかなぁ(^^)

 

メンタルヘルス講習レジュメ
積雪のJR旭川駅前

2020年1月18日 神戸にて
今日は神戸でトラウマと起立性調節障害の講演をしました。参加者の皆さんにはうまく伝わったようです。(*^_^*) そのあとはセッションをしてから飲みに行き今回主催していただいたカイロプラクティックの林先生と鍼灸の藤井先生と記念写真。そして林先生とバーへ。
今回のご縁をいただきました方々、ありがとうございました。

 

2020年1月11日 帯広にて
今日は帯広むつみのクリニックでセッションでした。
クリニックが終わった後、セキセイインコのタッくんは鳥かごから解放され自由時間となります。幼鳥の頃から人に囲まれて育ったので、とても人懐こいです。ちゃんと、カメラ目線をくれます(^<^) 小さな存在のタッくんは、大きな癒しです。
 

2020年1月5日 愛知県豊橋市にて
アバターコース修了。9日間で1,2,3部を受講しました。
無生物や動物、人を対象にして身体感覚を操作。その後に信念を扱うしっかりしたプログラムでした。

SEで身体感覚を扱うのとは全く違っているし、認知行動療法のように信念を扱うのとも全く違う。
 

事業家の人も結構いるみたいだし、これは次の段階に進まねば。

2019年12月27日 愛知県豊橋市にて
明日からアバターコース受講です。信念からトラウマに切り込む方法を学びます。

味噌カツで腹ごしらえ

JR帯広駅 

2019年12月13日 帯広にて
今日は十勝でケース会議でした。関係機関が集まって今後の対応について話し合いました。困難ケースは話し合いが大切ですね。
まあ、それでも大変ですが・・・。
帯広駅前のイルミネーションが綺麗でした。

2019年12月7日 札幌にて
浅井咲子先生の解放のフィソロジーに参加しました。
トラウマによる活性化の種類によってタッチの意図を変えたり、自分の神経系を調整したり。
再受講ですが勉強になります。

美味しいお弁当いただきました

2019年11月23日 帯広にて
今日は帯広むつみのクリニックでセッション。仕事の後で長沼先生と飲みに出かけました。こういった憩いのひとときは大切です♪

慶野松原荘の松の庭園 

2019年10月19日 淡路にて
今日から「オリジナルプレイのワークショップ」です。
本当の遊びの中では安心安全を感じているもの。その中では子どもは相手にも安心安全感や愛を感じさせる。遊びはトラウマからの回復にも必須なのでSEにとっても重要。
遊びとは何かを学んできます。

2019年10月12日 帯広にて
今日は十勝むつみのクリニックでセッション。「あがり框」のお弁当いただきました。ふたつに分かれていておかず部分とご飯と野菜をサラダみたいにして食べる部分。丁寧な作りです。

2019年9月29日 札幌天使大学にて
今日はポリベーガル理論の勉強会。SEの根拠を理解しておかないと。内容が詰まっていて消化がたいへんです。

2019年9月21日 帯広にて
今日は十勝むつみのクリニックにてセッションです。「あがり框」のお弁当をいただきました。美味しいお弁当をいつもありがとうございます。

2019年9月11日12日 稚内にて
JR札幌駅を早朝に出発して稚内へ2日間のメンタルヘルス研修。
最北のまち稚内で食べた海の幸は、さすが美味しい!
帰りの列車で、お世話になったスタッフの方にいただいたお弁当を食べながら帰路についています。

2019年7月27日 帯広にて
今日は十勝むつみのクリニックにてセッションです。写真は、セキセイインコのタッくんです。クリニックが終わって夜だけ解放です。動物がクリニックにいると心が和みますね~。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

090-8429-9937
営業時間
月~金:20時~(要予約)
土日:9時~22時
定休日
不定休