札幌、帯広でトラウマ、PTSD治療・HSP・カウンセリングなら
ST.トータルセッション

札幌サロン 札幌市北区北6条西6丁目2−16 ノースウエストIR
札幌駅北口から徒歩3分 西口から徒歩2分
帯広サロン 帯広駅から徒歩15分。十勝むつみのクリニック2階

営業時間
月~金:19時~、(オンラインは昼間も可)
土日:9時~22時
スカイプ、ZOOM、LINE電話チャットメールでの
セッション
も可能です
 定休日  
不定休

お気軽にお問合せください  

090-8429-9937

ブログ 2022年
ST.トータルセッション佐々木智城が日頃感じたことを綴ります。
不定期配信ゆるりブログ どうぞおつきあいください。

2022年5月20日

これから帯広に行きます

<今日のふと思ったこと>

1日の中でできることは限られているけれど1週間を振り返ると積み重ねがある。予想外の出来事も含めて積み重ねて調和させたいですね。

調和はさらなる積み上げの広がりを左右するから

2022年5月19日

<あるHSPの人のことば>

人にプレゼントするときに相手が気に入るものが何かをすごく考える。

その人に合うか、使うイメージ、インパクト、考えて疲れるけどピッタリの見つけられた選べたときの嬉しさとその相手が喜んでくれる感じがほんとに好き

2022年5月17日

今日は教育委員会、そして放課後等デイサービス「天使のわ」へ。

人との繋がりは一度切れると元には戻らない。

日頃会えなくても連絡が来たり、近況が分かると安心に繋がります。

細いつながりだとしても、後に繋がりが復活することもあるし、他の人を巻き込んで発展することもあるので絶やさないことが大切。

2022年5月15日

今日も札幌サロンでHSP、トラウマセッション。

<今日のふと思ったこと>

忙しかったあとに一息ついて穏やかな心地よい時間が過ぎる。これが続くと良いなぁと思うけれど実際に続いたら時間とともに空虚感が現れる。

心地よい時間は忙しい緊張する時間があった後に感じられる一時。

緩みは緊張があってこそ。

2022年5月14日

今日は札幌オフィスでHSP、トラウマセッション。

<トラウマセッションで日々思うこと>

自分の気持ちを感じてそれに従った選択をする。それができない場合は信頼できる人に気持ちを話す。

自分の気持ち抑えたままだと自分の気持ちも身体の反応も感じにくくなって自分がわからなくなる。

「自分にも悪いところがあった」、「言ってもしょうがない」は自分を後回しにした言葉

2022年5月12日

<慢性疲労症候群/筋痛性脳脊髄炎の方のことば>

疲労のパニックになることがある。疲れてエネルギーゼロになってからさらに動くと身体が抉れて危険になる。

 

エネルギーがマイナスの時は、暑さ寒さも消耗するので気温、服装も危険因子になる

 

(疲労と言う言葉では表現できない疲労です)

 

2022年5月11日

先日、発信しました緊急避難施設(シェルター)風來逢笑(ふらいあうぇい)の活動への思いを中村千代子さんがお話されてます。

風にのって巡り会った人たちの場所です。

十勝むつみのクリニックの2階にあります。

①B型就労支援事業所「あがり框」を始めた理由

 https://youtu.be/7sD_N7d6gAw

②緊急避難施設「風來逢笑」に来る人たち

 https://youtu.be/OBnXtyMLNJ0

③「風來逢笑」での具体的な支援

https://youtu.be/MsfksW_GByw

④協力のお願い

 https://youtu.be/UsVuS_zP9Us

2022年5月10日

今日は教育委員会、その後は放課後等デイサービス「天使のわ」へ。

学校が果たす役割は色々な人や団体と連携して子どもが安心して生活を送れるように環境をととのえることですね。

安心できれば子どもは向社会的な行動をとります。

安心は期限付きではないことも大切。

 

2022年5月9日

<身体の敏感さ>

小麦と油を多く摂るとリンパが腫れる。

他の部分にも何か起こってるかも。

 

(気付かず異変が起こってるかも)

 

2022年5月8日

昨日と今日は十勝むつみのクリニックでHSP、トラウマセッション。

その後は、クリニックの隣りにあるB型就労支援事業所「あがり框(かまち)」の代表で、クリニックの2階にある緊急避難施設(シェルター)「風來逢笑(ふらいあうぇい)」の代表の中村千代子さんと動画撮影。https://news.yahoo.co.jp/.../6583e2743faf133aca65741a67de...

風來逢笑は帯広で行き場のない人や刑務所から出所したばかりの人を受け入れる緊急用の施設なのですが、行政からのお金はほとんどなくボランティア状態。でも運営費は沢山かかるし施設に入ってる人はお金がなく、服も食べ物もないので、服を買ってあげたり、食べ物も作ってあげなければなりません。それもボランティアで。

なので維持費が必要。そのために、これからクラウドファンディングをするのでそのための動画撮影。

資金も必要ですが、施設に入ってる人の食事も必要で、そのための食材が必要なので、日曜日の食事用に缶詰とかレトルトとか食べ物も現物でもらえるとありがたいです。

クラファンの準備ができたらお知らせします。

2022年5月6日

これから帯広に行きます。

フラッシュバックで恐怖を感じているときに、「今は安全だよ」と言われても「こっちは怖いんだよ。怖いって言うのもだめなのか」と思ってしまう。

思い出したら「今」です。

2022年5月5日

敏感な人は、親しく感じる人やもっと居たい場所でも疲れるので一人の時間が必要。
休息もたくさん必要。

周りの人にとっては避けられてるように感じることがあるので誤解されやすいです。

言葉で伝えられたら誤解はなくなるので後からでも良いので伝えることが大切。

2022年5月5日

今日もトラウマ、HSPセッション。

<今日もふと思うこと>

最近ハマっていることがあるのですが、楽しいことでも続くと飽きてきて苦痛を感じてきますね。同じような刺激は慣れてきて飽きるのが自然。

それでも続くとしたらそれは依存やこだわりかも。

2022年5月4日
 

<散りばめられた言葉の鏡からふと浮んだこと>

 

元気なフリとか頑張ってるフリなど、フリをしても無理が出てくるのでそのままが良い。

 

大人は思考、子どもは感情というのは思い込み。気持ちが落ち着いてる時に落ち着いた状態であるのが自然。

 

フリで装い続けるよりフリをしなければならない信念や感情を見つめないと苦しい状態が続く。気をつけよう

2022年5月3日
 

今日はセッションの後、「NPO法人楽しいもぐらグラブ」へ。

これから始まる事業の打ち合わせへ。

 

何かを始めるには事前の準備が大切。種をまきながら芽が出るタイミングも考えながら精一杯生きてる人たちを高めるために

2022年4月30日

今日は札幌でセッション。

トラウマ、HSPの方へのセッションしていました。
通常のカウンセリングでは不足が多いので特別な療法や知識が必要ですね。

 

<HSPの方によくあること>
仕事で疲労しているのにさらに飲み行くことを誘われて休むことができず苦痛だった。

(これはよく聞きます。相手が嫌なのではなく、疲労がたまり過ぎているのです。この疲労は身体に残ります。)

2022年4月29日

今日は祝日でしたが大学の授業日。

 

<ふと浮かんだこと>

 

人の気配で雰囲気が変わる。
気配は見えていなくて、聞こえていなくても感じるもの。五感を超えている。

 

HSPでなくても感じるものなので、HSPなら尚の事。

2022年4月28日

<ある嗅覚が敏感な方の声>

外を歩いていると、酸化した油、質の悪い小麦、化学調味料のにおい。

給食のにおいも混ざって嫌だった

 

(物の質をにおいで判断できる。ただ、いつでもどこでも自然にそうなるのが辛いところです)

2022年4月27日

今日は大学勤務。

少しずつ新たな試みをする日々。

<セッションでのある方のお話を聞いて思ったこと>

自分はこういう時に怒りやすいとか途中で物事を投げ出しやすいなどなかなか気付かないです。人に言われても素直に受け止めることができない。

それを受け止めて、「こうやって途中で投げ出すのが自分の特徴なのかな」と見つめることができるのはすごいことです。
 

2022年4月25日

今日は大学での仕事。

それぞれの場所で色々な方とお話をするのは後で何かがつながります。

過去のアイデアや色々な方のお話、知見を分解して繋ぎ合わせる。そこにひらめいたアイデアを加えて新しく作る。

その積み重ねで進化する。沢山見て聞いて体験してぼ~っとすること。

動けるように準備をしておく。
 

2022年4月23日

今日は十勝むつみのクリニックでHSP、トラウマセッション。

セッションを粘り強く受けていた方がトラウマ記憶が薄れてきて周りのおかしな人の言動がおかしいことに気付いてきたと教えてくれました。

でも自分の判断が正しいのか確信が持てないのでブレて混乱すると。

ブレは治まっていきますがそれまでが苦しいので判断が正しいことを保証してくれる人が大切ですね。これからはそれをセッションで推し進めていく感じですね。

身体から認知へ。

2022年4月22日

今日は大学での仕事のあと帯広へ。

 

人との出会いを大切に。再会したなら何かの縁の復活。

タイミングにも意味がある。 

 

知らない言葉が出てきたら早く調べて知らせをつかむ。

知らせの意味はあとからわかるのでまずつかむ。

 

この方針を大切に進んでいこう。

2022年4月21日
 

<浮かんだこと>

人が動いたときの音(歩く音、座ったときに椅子がきしむ音、水道の音など)が聞こえると近くに人がいるということを実感する。

そして、人が近くにいると感じると作業量が高まる現象があります。

音は人の存在を感じさせる影響がありますが、相手をどう感じているかによって音の感じ方も変わります。

気にならないか、堪え難いか。

2022年4月20日

<セッションでの語り>

 

流暢にでてくるのは過去のこと。

よどみながら語るのは今のこと。

 

2022年4月18日

<あるHSPの方のお話し>

共感できる方いるはずなんだけどな〜


窓からの景色が、周りの色んな車や、四方八方からの車などが目に入るとすごく気分が悪くなる。

バスは狭い空間で嫌な気を感じても身動きがとれないが、電車は別の車両に移ることが出来るし、体調が悪くなっても途中て降りて駅のホームで休めるし電車賃は変わらない。
バスの場合は出来ない・・・。

2022年4月16日

何かが他よりも人気がある。それに気付いて理由を探る人、何でだろうと思いながらスルーする人。

理由を探る人は好奇心を持って見えない現象の奥を知ろうとする人。まだ知られてないことに注目する少数派。道を作る人。

スルーする人は疑問を持ちながらも疑問を持ったことを忘れてしまう。そして、理由を探った人が形にしたものを後から享受する。道を整備する人。

切り開くのは道を作る人。リスクを取って進む人になりたいものです。

2022年4月12日

今日は教育委員会での仕事です。

 

新年度が始まり学校への適応の圧が高まる時期。前年度通えなかった子どもは嫌なプレッシャーにさらされることになります。

支援では不安や緊張を緩めてあげること。人は安心できてこそ自分で進むことができるので、その場を提供することですね。

そして、放課後等デイサービス「天使のわ」へ移動しました。
新年度、児童生徒が新たな環境に合わせて生活を送れるか、大切な時期です。
4月は不安が高まる時期です。大人も子どももこの負荷を吸収して進めますように。

2022年4月10日

今日も十勝むつみのクリニックでHSP、トラウマセッション。

不安で行動が取れないときに一歩踏み出すと踏み出した分、自分が変化する。続けて二歩目を踏み出すとさらに変わる。

これを繰り返すことが出来る人と出来ない人では日にちが経つと大きな違いが出てきます。

心理的な変化には食べ物や運動も関わるので毎日運動していたらその効果も現れてきますね。

踏み出す気持ちに日を灯すには下準備が必要かな。

2022年4月9日

今日は十勝むつみのクリニックでHSP、トラウマセッション。心理室の中。

 

化学物質過敏症で生活範囲が制限されますが化学物質恐怖症にもなるので更に行動範囲が狭くなる。

 

重大な問題です。

2022年4月8日

<今日のふと感じたこと>

 

人に「こう思われてるのでは?」など自分が感じたこと、思ったことは身体反応に直結するので事実であると受け止めてしまいます。

 

でも、実際に接したときにまったくそう思われていないことが感じられると身体反応がシフトします。身体の事実が瞬時に変わる。

 

思い込みによる身体反応のシフトは一人では難しいですね。相手が必要。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

090-8429-9937
営業時間
定休日
不定休